HOME >  理事長挨拶

» 理事長挨拶

医療法人社団勝優会 理事長 齋藤勝也

理事長

今後日本はますます高齢者の数が増加し、亡くなる方の人数も増加していきます。現在日本では実に8割以上の方が病院で最期を迎えており、世界的に見ても高い割合です。

しかし国の社会保障費抑制政策のため病院のベッド数は減少していき、多くの方が病院ではなく自宅で最期を迎える事になり、国も在宅医療を積極的に推進しています。また7割の方は自宅での最期を望んでいるという調査報告があります。しかし多くの方が在宅医療を希望されていても、家族の状況、日本の住宅事情を考えると必ずしも在宅医療が可能な環境とはいえません。

また病気を抱えた方を自宅でみる家族の身体的、精神的負担も相当なものであり、家族が疲弊してしまう場合もあります。そこで私達は医療法人としてできることを考え、24時間医療スタッフが常駐し、医療処置にも対応でき疼痛や苦痛を緩和し精神的な安らぎも提供できる施設を開設致しました。

病院の相部屋と違いプライバシーが保たれた個室で、自宅にいるような生活の場としてのケア(care)と、医療処置が必要な病態に対しては病院のようなキュア(cure)の両方を兼ね備えた施設を目指しています。

一般の施設では状態が悪くなると救急車で病院へ搬送されるケースがあるかと思いますが、当施設ではご本人、ご家族が希望される場合は最期の時までお世話をさせて頂き、お看取りもいたしますので終の棲家としてご利用頂けます。

また病院を退院して自宅に戻る際に自宅の状況が整うまでの一時的な期間や、在宅介護で疲れた家族をサポートするためのショートステイとして短期的なご利用も頂けます。病気を抱えて悩んでいる方やご家族の方からのご相談をお待ちしております。

理事長経歴

1995年3月 東京慈恵会医科大学卒業
1995年4月 同附属病院麻酔科研修
1997年3月 同附属病院消化器肝臓内科レジデント
2000年7月 社会保険 桜ヶ丘総合病院 内科医長
2002年7月 東京慈恵会医科大学消化器肝臓内科助教
2009年10月 医療法人財団医親会 海上ビル診療所 医長
2012年5月 するがホームクリニック開設

免許・資格

  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
お問合せ

▲ページTOPへ